Date of Event

Sep 17, 2021 13:00:00

Days0

Hours0

Minutes0

Seconds0

downarrow

イベントについて


2021年9月17日(金)13:00~ オンラインカンファレンス

Sentinel Insights 2021 は、『モノからコトへ、DXを実践するためのビジネス変革』をテーマにDXやビジネス変革を実践している企業やDXの動向を講演をもとに、ソフトウェアを活用したビジネスモデル変革の実現方法を紹介いたします。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • デジタルトランスフォーメーションの推進法に課題を抱えている
  • ソフトウェアビジネスの収益化方法に課題を抱えている
  • ソフトウェアのサブスクリプションビジネスの実現方法を検討している

ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、
ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

プログラム


Time Event
13:00-13:10

ご挨拶
Damien BULLOT, VP Software Monetization, Thales
髙橋均, タレスDIS CPLジャパン株式会社 ソフトウェアマネタイゼーション事業本部 本部長

13:10-13:30 Where Companies Fail and How to Avoid the Traps of Shifting to Subscriptions
企業がサブスクリプションへの移行で陥るリスクとその回避策について ※英語セッション 字幕あり
Mark Thomason, Research Director, Digital Business Models & Monetization, IDC
13:30-14:00 基調講演 DX時代を生き抜くためのプラットフォームビジネス
デロイト  トーマツ  コンサルティング合同会社 Systems & Cloud Engineering ユニット 
執行役員パートナー
根岸弘光氏

良いものを作れば売れるという時代が終焉を迎え、良いものを作りかつ顧客の体験を向上させる取り組みが必要と認識し、ビジネスモデルを変革しようとする企業が多数出てきています。一方、デジタルビジネスに必要な改善サイクルを回せておらず、新しいビジネスモデルがうまく立ち上がらない企業も多数出てきています。本講演では、ビジネスモデル変革に必要なことをデジタルプラットフォームや業務プロセスの視点から説きます。
14:00-14:30 ゲスト講演 データ×AIで価値を生むための現実的な選択肢  ~非専門家向けAIツールPrediction One~
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 法人サービス事業部 AI事業推進部
プロジェクトリーダー
高松慎吾氏

DX等で蓄積したデータにAIを適用して価値を生む、これに多くの企業が関心を持っています。
AI専門家の不足が大きな課題ですが、非専門家向けにデザインされたAIツールが出てきています。
そうしたツールのひとつであるPrediction Oneはサブスクリプションサービスとして提供しており、申込企業が20,000社を突破しました。非専門家がAIを使うという新しい現実的な選択肢についてご説明します。
14:30-14:40 休憩
14:40-15:10

フィリップスが取り組むヘルスケアDXから学ぶ5つのポイント
タレスDIS CPLジャパン株式会社 ソフトウェアマネタイゼーション事業本部
シニアプリセールスコンサルタント
前田利幸

フィリップスがヘルスケアDXの一つとして推進した、ソフトウェアのライセンシングプロジェクトは苦難の連続でした。しかし、フィリップスの経験は決して特別なものでは無く、みなさまがこれから直面する課題と変わりありません。そんなフィリップスがソフトウェアライセンス導入から学んだ経験を通して、Sentinelを使ったソフトウェアライセンスを成功させるためのヒントをご紹介致します。

15:10-15:40 事例紹介 音声文字起こしソリューションScribeAssistを支えるライセンス管理の仕組みについて
株式会社アドバンスト・メディア VoXT事業部
部長
志村亮一氏

ScribeAssistはオンライン会議・対面での会議を音声認識技術を用いてテキスト化するソフトウェアです。
急速に需要が高まる市場の中でどのようなライセンス管理を行っているかをご紹介させていただきます。
15:40-16:10 事例紹介 データ分析・AIツール製品群におけるSentinelライセンスの活用
株式会社NTTデータ数理システム 応用統合プラットフォーム部
部長
小木しのぶ氏

NTTデータ数理システムが提供するデータ活用・AI実現のためのプラットフォームと、その上で動作する機械学習や統計、最適化やシミュレーションといった複雑に絡み合う製品群におけるSentinelライセンスシステムの活用についてご紹介いたします。
また、秋にリリースするサーバー型の新データ分析システムにおいての新しいライセンス構成の実現についても併せてご紹介いたします。
16:10-16:20 質疑応答


* 講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。
* 本イベントは、ユーザー様および弊社ビジネスパートナー様向けのカンファレンスです。
   弊社および講演企業様と同業および競合他社様をはじめ各種メディア、広告代理店、PR会社等のご登録につきましては、
   お断りさせていただきます。予めご了承ください。

 

スピーカー


rudolf

Mark Thomason
Research Director, Digital Business Models & Monetization, IDC


Mark Thomasonの研究では、デジタル製品やサービスの既存および新たな収益モデルを調査します。そしてクラウドサービスと製品の「aaS」への変換まで、IoTなどの革新が加速することにより実現可能な収益化などのビジネスモデルとテクノロジーを特定した調査を行っています。
Mark Thomason は、セントラルフロリダ大学で情報システム学の学士号、 ケラー経営大学院で経営学学修士号を取得しました。

rudolf

根岸弘光氏
デロイト  トーマツ  コンサルティング合同会社 
Systems & Cloud Engineeringユニット
執行役員パートナー


システムインテグレーター、複数のコンサルティング会社を経て現職。デジタル時代の企業アーキテクチャ設計、デジタルプラットフォーム企画・構築に強みを持つ。また、サプライチェーン改革、営業改革等のオペレーション・システム構造改革の経験を多数持つ。

rudolf

高松慎吾氏
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 
法人サービス事業部 AI事業推進部
プロジェクトリーダー


AIの技術者としてソニーグループを中心に、製造、金融、サービスを含む数多くの業界・業種でAI技術開発とビジネス導入を手掛ける。非専門家でもAIを使いやすくするソフトウェア「Prediction One」を開発・事業化しAIの普及に挑む。

rudolf

志村亮一氏
株式会社アドバンスト・メディア 
VoXT事業部
部長


2003年12月株式会社アドバンスト・メディア入社 入社以来 主に議事録関連の事業に従事。

rudolf

小木しのぶ氏
株式会社NTTデータ数理システム 
応用統合プラットフォーム部
部長


(株)数理システムに入社後、各種システム開発、テキストマイニングツールの開発に従事。 営業部部長を経て、2018年より新分析基盤の開発責任者。 2019年に取締役に就任。2021年より日本計算機統計学会会長。

rudolf

Damien Bullot
Vice President & Co-General Manager, 
Thales Software Monetization


Damien Bullotは、Thalesのソフトウェアマネタイゼーション事業の副社長兼共同ゼネラルマネージャーであり、アメリカのテキサス州オースティンを拠点としています。 米国ジェムアルトの子会社であるSafenet のデータプロテクションで担当副社長を務めるためにニューヨーク地域に移りました。 これに先立ち、Damienは、ブラジルのカントリーマネージャーを務めるなど、ヨーロッパ地域およびラテンアメリカのジェムアルトの様々なビジネスユニット内で事業を展開してきました。
フランスのエクスアンプロヴァンス大学を卒業。
IAEビジネスインスティテュートでマーケティング管理のMSCも取得しました

rudolf

髙橋均
タレスDIS CPLジャパン株式会社 
ソフトウェアマネタイゼーション事業本部
本部長


2005年、ジェムアルト(現タレスDIS)に入社。モバイルサービス事業本部にてMNO、MVNO向けSIM、eSIM、サービスプラットフォームの事業開拓に従事、2018年よりソフトウェアマネタイゼーション事業本部 本部長に就任し、エンタープライズソフトウェアのサブスクリプションによる収益化ソリューションビジネスを牽引。

rudolf

前田利幸
タレスDIS CPLジャパン株式会社 
ソフトウェアマネタイゼーション事業本部
シニアプリセールスコンサルタント


ソフトウェアビジネスに取り組む企業に対し、マネタイズを実現するためのコンサルティングやトレーニング、ソリューション提案を実施。業界紙やWebメディアに寄稿するとともに、全国各地で収益化に関するセミナーや講演活動を展開している。同志社大学大学院ビジネス研究科修了(MBA

Thales

セミナーで分かること


 

  • サブスクリプションビジネスのグローバル動向
  • 日本の企業におけるDXの推進方法
  • ソフトウェアビジネスの収益方法
  • ソフトウェアビジネスにおけるライセンスの役割
  • ソフトウェアによる新しいビジネスモデル構築法

 

登録する

受付終了

Sentinel Insights 2021の登録は終了いたしました。
イベントやSentinel 製品に関する情報を受け取りたい方はkaoru.shima@thalesgroup.comまでご連絡ください。